自動運転からイーロン・マスクのビジョンを学ぶ

今日は自動運転技術についての話題をお伝えします。私も自動運転についてすごく詳しいわけではないので、色々と調べながらご紹介していきたいと思います。

先ず、世に言う自動運転ですが、ひとえに自動運転と言っても様々なレベルがあります。日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) では自動化のレベルをレベル0〜5までの6段階に分けています。(このレベルは航空機、自動車、商用車業界の技術者や数多くの専門家が参加している世界規模の団体「SAE International」が定義したものが元になっているようです。)

具体的なレベルとその内容を見ると以下のとおりです。

レベル0:自動運転なし
いかなる場合でも、人間の運転手が動的運転のタスクをフルタイムで実行するレベル。
レベル1:ドライバーアシスタンス
ドライビングアシストシステムにより、交通環境に関する情報を使用して、ステアリングまたは加減速のいずれかを実行するが、人間の運転手が動的運転タスクの残りのすべてを実行するレベル。
レベル2:部分的な自動運転
ドライビングアシストシステムにより、交通環境に関する情報を使用して、ステアリングおよび加減速の両方を実行するが、人間の運転者が動的運転タスクの残りのすべてを実行するレベル。
レベル3:条件付き自動運転
人間の運転者が介入要求に適切に応答することを期待して、動的運転タスクのすべてを自動運転システムが行うレベル。
レベル4:高度な自動運転
人間の運転者が介入要求に適切に応答しなくても、動的運転タスクのすべてを自動化された運転システムが行うレベル。
レベル5:完全自動運転
人間の運転手が管理できるすべての交通環境条件下での動的運転タスクのすべてを自動化された運転システムが行うレベル。

ここで言う「人間の運転手が介入要求に適切に応答する」とは、ドライバーが常にハンドル操作やブレーキ操作ができる状態を意味します。つまり、万一自動運転システムが検知できないような状況の時は人間の判断で運転を引き継げる状態にしておく必要があることを指しており、強いては責任の所在がドライバー(人間)にあることを示しています。

これに対し、「人間の運転者が介入要求に適切に応答しなくても」とあるレベル4以降の定義では、責任の所在がドライバー(人間)からメーカー(販売者)側にシフトすることになります。簡単にレベルの違いを解説すると、レベル0は自動運転技術の無い人間の運転手が全てをコントロールする車を指します。レベル1はハンドル操作またはアクセル/ブレーキ操作のいずれかを自動運転システムがアシストし、レベル2はそれらを組み合わせたより高度な仕様となります。レベル3においては、人間が常にハンドルを握ったりブレーキを踏んだりできる状態である必要があるものの、基本的には全て自動運転システムが行ってくれるものであり、レベル4はレベル3と同じような条件だが責任の範疇が人間から自動運転システムに移った状態。レベル5はハンドルやブレーキなど、人間が操作できるものすら必要にない状態と言えます。

現在一般的に市販されている車の自動運転技術は、ほとんどがレベル2以下となりますので、本当の意味での自動運転には程遠いイメージですが、イーロン・マスクの Tesla が提供する自動運転はレベル3の状態に近いと思います。

Full Self-Driving Hardware on All Teslas from Tesla, Inc on Vimeo.

今年中にはカリフォルニアからニューヨークまで、ハンドルに触れること無く自動運転で移動できるようになり、さらに、眠ったまま気づくと目的地に到着できるようなレベル5の自動運転も2年後くらいには実現できるであろうと4月に公開された TED2017 の中でイーロン・マスク本人が語っています。

加えて、こんなことも言っています。
「将来、完全自動運転の車が一般に普及する社会が実現した場合、車のオーナーは自分が利用しない間 Uber のように人を運ぶ仕事ができるので、そこで稼いだお金を車の費用に当てることで、実質無料で車を買うことになる。」

IMG_6621 IMG_6616

この考えは実に理にかなっていて、たとえ自動運転機能が載ることによって車の価格が上がったとしても、その分 Uber のように稼ぐことができるのであれば、車のオーナーになりたい人は増えていくでしょう。結果的に車の数が増え、渋滞を生むことにつながりますが、車の量がいかに増えたとしても電気自動車であれば排出ガスは無いですし、渋滞緩和のために地下に3Dのトンネルネットワークを設けて、時速 200km のスピードで車を移動させるという構想もイーロン・マスクは持っています。

電気自動車の電力を火力発電などの化石燃料を使わずとも済むように、太陽光発電ベンチャーのソーラーシティを買収し、パナソニックと提携して電力の要であるリチウム電池を量産できるギガファクトリーを作り、家庭向けにソーラーシステムまで売り出している。

自動運転における未来を考えた時、イーロン・マスクのビジョンは非常に納得のいくものだと改めて実感しました。TED2017 で話したイーロン・マスクの回(The future we’re building – and boring) は必見です。ぜひこの機会に見てみてください。

▼関連記事
【後何年?】自動運転車の現状は?レベル5までの定義や日産・トヨタ・テスラの販売中&開発モデルも – MOBY
オートパイロット – テスラジャパン
What will the future look like? Elon Musk speaks at TED2017 – TEDBlog

The following two tabs change content below.
Kentaro Yamada
取締役 販売促進部 部長| こんな仕事をしてみたい、こんな経験をしてみたいと心の底から念じることで現実になることが多いです。上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と全く一緒で、強く念じるということは自然に自分の行動へつながるんだと思います。 お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。