カテゴリ:

ソニーのイヤー型ウェアラブル端末「Smart B-Trainer」

2月12日のengadget日本語版の記事で「ソニーSmart B-Trainerは3月7日発売。6種のセンサと音楽再生対応のランニングサポート端末」との見出しがありました。

この商品はいわゆるウェアラブル端末でヘッドフォンのように耳に装着するデバイスです。6種のセンサは恐らく心拍、GPS、加速度、ジャイロ、電子コンパス、気圧と書かれている部分かと思います。たぶん(笑)この様々なセンサを使って Smart B-Trainer で取得したデータは Bluetooth を通じてスマートフォン端末に送られるとのことで、iOS、Android対応アプリがダウンロード可能とのことでした。

今年の初めにアメリカで開催されたCES(Consumer Electronics Show)の中でもイヤー型のウェアラブルデバイスが多く見られたとポッドキャストでも聞いたりしましたが、ウォッチ型、グラス型、イヤー型、リング型、最近さまざまなウェアラブルデバイスが広まりつつありますね。

ただ、これらの端末には現状はスマートフォンとの連動が必要になるので、ランニングするにもスマートフォンとイヤー型デバイスの組み合わせがマストになるということになります。更に長時間走ろうとか考えると予備バッテリーなんかも必要になってくる訳で、結構それらが面倒というか、普通に考えると重いし煩わしい!と思ってしまいます(笑)
単純にランニングだけを考えると、ウェアラブルデバイスだけを装着して後からデータを送信したいですよね。既にその手のデバイスも出てるかもしれませんが。

IoT(Internet of Things/モノのインターネット)が今後どこまで普及してくるか、また公共Wi-Fiなどがどの程度整備されてくるかが近い将来としての課題かと思います。ウェアラブルとIoTに期待をしてしまう記事でした。

▼関連記事
https://japanese.engadget.com/2015/02/12/smart-b-trainer-3-7-6/

The following two tabs change content below.
Kentaro Yamada
取締役 販売促進部 部長| こんな仕事をしてみたい、こんな経験をしてみたいと心の底から念じることで現実になることが多いです。好きな言葉は上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と武田信玄の「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」 お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

おすすめの記事

    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    初のシグナイトイベント『MEET’18』を開催しました!
    初のシグナイトイベント『MEET’18』を開催しました!
    もう一回 Apple Pay にチャレンジしてみた。
    もう一回 Apple Pay にチャレンジしてみた。
    パーソナルトレーナー Moov を使ってみた。
    パーソナルトレーナー Moov を使ってみた。
    やっぱり買ってよかった Moto360 2nd Gen。
    やっぱり買ってよかった Moto360 2nd Gen。