カテゴリ:

歴史的瞬間、ファルコンヘビーテストフライト

ファルコンヘビーロケットのテストフライトが2月6日(現地時間)に行われ、無事に成功しました。私はこの模様をライブで見ていたのですが、いつものごとく当初打ち上げ予定の時刻に(午前3時半)ライブ中継は行われず、2時間遅れの日本時間5時半頃から中継が始まりました。これまで何度かファルコン9の打ち上げ中継を見ようと SpaceX のサイトを訪れたのですが、その度に遅れがあるのか、翌日の同時刻に打ち上げるとか、数時間後に打ち上げるというメッセージが表示されることがしばしば。今回も「またか」と思いましたが、過去の経験からメッセージの時間に大体打ち上げがあると理解していたので、諦めて寝過ごして見逃してしまうという事態だけは避けられました。

FalconHeavyTestFlight_1

というのも、今回のテストフライトは歴史的にも、今後の宇宙開発においてもとても重要なテスト(世界最大の打ち上げ能力を持つロケットのテスト)でしたし、何と言っても赤いスポーツカーを火星の軌道に向けて打ち上げるという一見馬鹿げた?遊び心の詰まったイベントだったからです。赤いスポーツカーはイーロン・マスクの愛車、テスラ・ロードスターで、2人乗りのオープンカーです。さらに運転席にはスターマンと名付けられた宇宙服を着たマネキンが乗っています。何故、こんな奇妙なことをするのでしょうか?理由は重りにあるようです。通常、ロケットのテストフライト時にはコンクリートや金属をダミーのペイロード(積載物)として載せて打ち上げるようなのですが、イーロン・マスクはこれはとても退屈だと言って、自身の愛車を載せることを決めたようです。

“Test flights of new rockets usually contain mass simulators in the form of concrete or steel blocks. That seemed extremely boring.” – Elon Musk の Instagram より引用

ファルコンヘビーは、通常のファルコン9の第一ブースターを3基つなげたモンスターロケットで、通常のペイロード(積載物)の従量の倍以上となる約63トン以上の重さの物を低軌道に運ぶことが可能とのことです。今回のテストフライトにおける打ち上げ費用が1億ドル(現在の為替で108億円程度)ほどかかると言われていますが、イーロン・マスクは打ち上げ後のプレスカンファレンスでファルコン9の費用は6,000万ドルだが、ファルコンヘビーは9,000万ドルほどになる、ただファルコンヘビーの能力はファルコン9の3倍になると言っています。ちなみに、Wikipedia によるとファルコン9 の一回の打ち上げ費用は、6,200万ドル(現在の為替で67億円程度)とありますが、いずれにしても2回ないし3回打ち上げることを考えたらコスト的にはかなりリーズナブルではあります。個人的には想像しがたい額ですが(笑)。

FalconHeavyTestFlight_2

今回の打ち上げの概要については、打ち上げ前にリリースされたアニメーション「Falcon Heavy Animation」で見て理解できていたので、実際の打ち上げ、サイドブースターの地上への帰還、メインブースターの着艦(残念ながらメインブースターがちょうど海上のドローンシップにランディングする瞬間に通信が途絶えてしまったので見られなかったのですが)、その後のミッドナイトチェリーカラーのテスラ・ロードスターが宇宙空間に披露されるまで、全ての動作がアニメーションとシンクロナイズされていて非常に興奮しました。

イーロン・マスクは自身の Twitter でもデビッド・ボウイの Space Oddity をカーステレオで流しながら火星軌道に送ると言っていましたが、アニメーションでもデビッド・ボウイの Life On Mars? がBGMになっていますし、実際のライブ配信時にも Life On Mars? が流れたりしたので、とにかく映像の素晴らしさと音楽で信じられないくらいの盛り上がりでした。

FalconHeavyTestFlight_3

この宇宙に解き放たれたテスラ・ロードスターには複数のカメラが設置されており、打ち上げ後もしばらくはライブ配信で宇宙空間を漂うさまを公開していました。映像を見ると地球を背景に宇宙服を着たマネキンが真っ赤なテスラ・ロードスターのハンドルを握っているというシュールなシチュエーションに感無量。運転席のタブレットモニターには “Don’t Panic” と表示されていたりして、遊び心満載のテストフライトでした。

▼関連記事
世界最強の実用ロケット「ファルコンヘビー」、打ち上げ成功 – CNN.co.jp
逆噴射着陸まで成功させたマスク氏のロケットがすごいと言われる理由と98億円の“謎” – BUSINESS INSIDER
Falcon Heavy Test Flight – SpaceX Youtube(公式)
Live Views of Starman – SpaceX Youtube(公式)

The following two tabs change content below.
Kentaro Yamada
取締役 販売促進部 部長| こんな仕事をしてみたい、こんな経験をしてみたいと心の底から念じることで現実になることが多いです。好きな言葉は上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と武田信玄の「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」 お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

おすすめの記事

    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    パーソナルトレーナー Moov を使ってみた。
    パーソナルトレーナー Moov を使ってみた。
    初のシグナイトイベント『MEET’18』を開催しました!
    初のシグナイトイベント『MEET’18』を開催しました!
    新しい Bluetooth イヤホン「Imarku Bluetooth 4.0 スポーツイヤホン」レビュー
    新しい Bluetooth イヤホン「Imarku Bluetooth 4.0 スポーツイヤホン」レビュー
    新しくなった Google Earth。
    新しくなった Google Earth。