カテゴリ:

イスラエルという国を学ぶ

今月初旬の10月6日(土)、茅野駅にあるコワーキングスペース「ワークラボ八ヶ岳」で開催されたイスラエルのイベントに参加してきました。このイベントは、「イスラエルはなぜ、シリコンバレーに勝る企業大国と言われるのか?そして、茅野とイスラエルの繋がりの謎について、イスラエル人はどのように見ているのだろうか。」と題して、イスラエルのビジネスと文化について紹介するもので、日本企業とイスラエルのベンチャーを結ぶ取り組みを行っている企業「ミリオンステップス」のメンバーが日本におけるイスラエルとのビジネスの取り組みについて説明してくれました。

なぜこのイスラエルのイベントに参加したかというと、以前から軍事利用をベースとした最新のテクノロジーを持っている国という認識はあったものの、あまりにもイスラエルという国に対する情報が少なすぎたのでそれを知るいい機会であったのと、以前ワークラボで業務効率化の講演をする機会を作ってくれた森ビルの矢部さんが企画されていたからです。

イベントの冒頭、イスラエルのビジネスについて紹介してくれたミリオンステップス CEO のヨアブさん、同 パートナー・事業企画担当の井口さんの話によると、敵国に囲まれた土地柄、ユダヤ人の人口が少ない(887万人: 2018年4月IMF推計)ことや天然資源がないことから、20年先を見越したソフトウェアの分野で勝負する姿勢があり、その結果多くの最新テクノロジーを生み出しているとのことでした。

Israel_Event-2

特に大きいのがセキュリティ関連。イスラエルには兵役があり高校生くらいの年代から軍隊に所属するのですが、中でも米国NSA(国家安全保障局)と同等の能力を備えるという諜報機関「8200部隊」はエリート中のエリートが所属する部隊で、ハッキング技術を駆使してあらゆるサイバーアタックを想定し、それに備える能力を強化していくことで高いセキュリティ技術を保持してきたと、自身も8200部隊出身のヨアブさんが語ってくれました。

また、人工知能(AI)の分野にも長けており、ライドシェアサービス「Via」でもその技術を使って乗客の乗り降りを加味したルートの最適化をはかっているとのことでした。「Via」はイスラエルの起業家がニューヨークで始めたスタートアップで、現在日本でもメルセデス・ベンツ、森ビルと提携してオンデマンド型シャトルサービス「HillsVia」を立ち上げ、実証実験として今年8月から森ビル社員に利用されているようです。その他にもヘルスケアの分野や自動運転、畜充電の技術にも優れているとのことでした。

イベントの後半には、日本のイスラエル大使館にも所属していたCOOのニールさんからイスラエルの文化や習慣についての紹介がありました。イスラエルという国は外敵が多いものの、国内は治安が良いようで、夜間や暗い小道でも危険を感じることのない安全な国だそうです。夏はやはり暑いようですが日本のような湿度がなく、死海を始めとした湖やビーチでリゾートとしても十分楽しめるそうです。またイスラエルでは各家庭で平均3人の子どもを持つそうで、これもナチス・ドイツによる大量虐殺(ホロコースト)でユダヤ人の人口が未だに伸び悩んでいることに起因しているとのことでした。最後には第二次世界大戦時に多くのユダヤ人を救った日本人「杉原千畝」の話にも触れ、感謝の気持ちを伝えたいと話していました。

Israel_Event-4Israel_Event-5

このイベントを通じて、イスラエルという国は建国当初から様々な政治的な問題に直面し、ユダヤ人として歴史的にも大きな損失に見舞われてきましたが、そのような状況でもめげずに高い技術を生み続け、ソフトウェアだけでなく、ヘルスケアや畜充電技術など、新しいことを生み出そうとしていると感じました。貿易としてもイスラエルはアメリカ、中国についで日本を三番目のプライオリティに置いているにもかかわらず、アメリカ176億ドル、中国33億ドルに比べて日本は8億ドルとまだまだビジネスの可能性を秘めています。モチベーションの高い優秀なスタートアップも多いようですので、共同開発やなにかで手を組めないかと真剣に考えさせられました。最後には地産地消料理研究家の中村恭子さん(一般社団法人蓼科塾代表)によるイスラエル料理も振る舞われ、イスラエルの食文化についても学ぶことができました。機会があればぜひイスラエルも訪れてみたいと思った半日でした。

▼関連記事
ワークラボ八ヶ岳 – 公式
ミリオンステップス – 公式
8200部隊 – Wikipedia
Via Transportation – 公式
六本木ヒルズに初のライドシェア 森ビル社員が相乗り通勤などで実証実験 米Via社のサービス活用 – 自動運転ラボ
杉原千畝 – Wikipedia
蓼科塾について – ビジンサマレター

The following two tabs change content below.
Kentaro Yamada
取締役 販売促進部 部長| こんな仕事をしてみたい、こんな経験をしてみたいと心の底から念じることで現実になることが多いです。好きな言葉は上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と武田信玄の「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」 お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

おすすめの記事

    働く親が直面する小学校の壁について考えてみた
    働く親が直面する小学校の壁について考えてみた
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    スマートホームへの第一歩、Amazon Echo & Philips Hue
    スマートホームへの第一歩、Amazon Echo & Philips Hue
    パーソナルトレーナー Moov を使ってみた。
    パーソナルトレーナー Moov を使ってみた。
    もう一回 Apple Pay にチャレンジしてみた。
    もう一回 Apple Pay にチャレンジしてみた。