カテゴリ:

ロボット掃除機を導入した話

こんにちは。販売促進部の平間です。

いきなりですが、みなさん年末に大掃除はされましたか?
私はいつも通りしておりません!笑
大掃除される方は、心底えらいなあと思います。

しかし代わりに(?)、我が家にロボット掃除機を導入しました!
今回はその経緯と、導入した後の気づき、生活の変化をまとめてみました。

さて、掃除はやってもやらなくても済むので、つい後回しにしがちですよね。
でも不思議なことに、床に髪の毛とかホコリがたまってくるとストレスも一緒にたまってきます。
どうにかならないものかと悶々としていたところ、ある日思い出したのです。そう、ロボット掃除機の存在を。
果たしてロボット掃除機は役立ってくれるのでしょうか?

条件を確認してみる

  • 家庭事情

夫婦2人暮らし、共働きでお互い趣味もあるので掃除は後回しにしがち。

  • 間取り

2LDKのマンションに住んでおり、普段主に過ごすのはLDK部分。
床が白っぽいので、髪の毛が落ちてると非常に目立ちます。
今回はこのLDK部分が快適になればOKとします。
気付いた時にホウキで集める程度だったので、気づく前にある程度きれいになってくれれば御の字です。

  • 予算

ざっと価格を調べると、ミドルレンジの製品で5万円くらい。
それなりの掃除性能で、スマホからの操作はできないくらいのモデルです。
仮に人間が1日10分掃除に費やす想定で年間の時間を算出すると約60時間(10分×365日=3,650分)。
5年間使うとしたら300時間なので、ロボット掃除機くんの時給は170円くらい(電気代除く)。
というような計算をしてみました。コンスタントに掃除してくれるとしたら、それほど高価な印象ではないですね。

選んでみる

次に、選ぶ基準をいくつか考えてみました。

  • なるべく小さいこと

メイン導線のLDK約12畳がある程度きれいに保てればOKですので、大型ではなくてよさそうです。
また、家の面積に対してモノが多いので、設置場所もコンパクトな方が望ましいです。

  • メンテナンス、ゴミ捨てしやすいこと

全自動のロボット掃除機とはいえ、掃除機の中のゴミ捨てや、ブラシのメンテナンスは必要なようです。

  • 愛着が持てそうなこと

ロボット掃除機の性能はまだまだ完璧ではないです。
うまくいかないことがあったとき、あまり愛着が持てないとイラっとして使わなくなりそうですので、これも重視しました。

というわけで、以上のような条件に当てはまるロボット掃除機を探した結果、
日立のミニマルくんに出会いました!

レビューをチェック

レビューの雰囲気を要約すると
“小さいという価値” ”小回りが利く” ”ゴミ圧縮機能でゴミ捨てが楽” ”あまり賢くはない”
“充電台への帰巣にハラハラする” ”強気で天然” ”可愛い”
といった感じでした。天然なところも愛着が湧きそうで、個人的には好印象です!笑

使ってみた

早速ヨドバシ.comで注文したところ、翌日に届きました。
minimaru1

まずは試走してみます。
意気揚々とお掃除を始めるミニマルくん。
minimaru2

小柄なボディでせまいこところも見逃さず入っていきます。
こんなところ掃除したことないのに!笑
minimaru3

しかし、懸念していたことが。。。
minimaru4

カーペットを巻き込んで止まってしまいました。

minimaru5

滑り止めは仕込んでいたのですが、ダメでしたね。残念。
人間が生活していても結構ずれてストレスになっていたので、カーペットは買い換えることにしました。

買い替え後はキビキビ乗り越えられるようになりました!
minimaru6

こんな棚も底上げしたら下を掃除してくれるようになりました。
minimaru7

小さい割に掃除音はしますが、普通の掃除機くらいですね。
1回1時間くらい掃除して、部屋の中をさまよいながら充電台に帰巣します。
大きいゴミは吸えませんが、髪の毛や細かいホコリはばっちり掃除してくれています。すばらしい!

副次的な効果があった

部屋がきれいになる以外の効果として、床にものを置かなくなりました。
というか、ミニマルくんのために頑張っています!笑
人間の心がけは弱いので、こうして仕組みにすることで習慣化しやすくなりますね。

今回感じたこと

  • ちょうどよい性能が大事

ミニマルくんはコンパクトですが、止まっていても動いていても、やはり部屋にいる存在感はあります。
ルンバ等他社製品はかなり大きいのでもっと存在感があったと思うと、走破性や吸引力や賢さで劣るものの、ミニマルくんでちょうどよかったかなと思います。

  • テクノロジーの受け入れと愛着

自分で掃除を行うよりだいぶストレスは少ないですが、多少の模様替えやちょっとした準備は必要です。
また、部屋のなかを勝手に動き回り、人間の発想とは違う動きが気になることがあります。
ただ、こういう生き物だと思って見守って、うまくいかない部分はサポートしてあげることで共存している感じがします。
おそらく新しいテクノロジーを受け入れる時、例えば自動車の自動運転の普及時なども、人間側が少し発想を変える部分が出てくるのではないでしょうか。
そして、人間側が変わることを受け入れるには、愛着を持てる見た目や振る舞いをデザインすることの重要性も看過できないと思います。

まとめ

なにはともあれ、ミニマルくんのおかげで部屋で過ごすのがとても快適になりました。
彼の宣伝のようになりましたが、すべて個人の感想です!笑
他のロボット掃除機使われている方のお話も機会があればぜひ伺ってみたいです。

余談ですが、私は販売促進部という社内ではお客様側に直接関わるポジションにおりますので、お客様にとってちょうどよく、長く使ってもらえるモノが提供できるようにすることが使命といえます。
エンドユーザの利用シーンや課題の本質を理解した上で表現できるように、今後も日々勉強しながら取り組んでまいります!

▼関連情報
ロボットクリーナー ミニマル RV-DX1 – 公式
「デザインマネジメント」田子 學 著 – Amazon.co.jp 

The following two tabs change content below.
Masakazu Hirama
営業本部|ITを使ってお客様のアイデアをカタチにしていくことが仕事です。好きな乗り物はマウンテンバイク。好きな言葉は「源泉掛け流し」。 関わる方々とみんなでワクワクできるような仕事をしていきたいと思っています!お問い合わせはこちらからどうぞ。
Masakazu Hirama

最新記事 by Masakazu Hirama (全て見る)

おすすめの記事

    地図位置情報関連の展示会【ジオ展2019】に行ってきました
    地図位置情報関連の展示会【ジオ展2019】に行ってきました
    Google Cloud INSIDE Games & Apps に行ってきました。
    Google Cloud INSIDE Games & Apps に行ってきました。
    『D-Ocean』のデータをGoogle Mapsに表示する
    『D-Ocean』のデータをGoogle Mapsに表示する
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    モバイルで写真の切り抜き。Adobe Photoshop Mix を使ってみた。
    もう一回 Apple Pay にチャレンジしてみた。
    もう一回 Apple Pay にチャレンジしてみた。