カテゴリ:

Pebble ウォッチがやってきた。(後編)

前編の続きです。
前回は単純に時計としてのすばらしさと、タイマーアプリの使い心地をお伝えしましたが、今回はまさにこれぞ欲しかった!という機能、睡眠管理アプリについてご紹介したいと思います。

Pebble Time Round を手に入れてから、先ずできることは何か?というのをウェブでいくつか探っていたのですが、その中で見つけたのが睡眠管理アプリ「Morpheuz」の存在でした。これモルフェウズとか、モーフィアスとか読むのでしょうか。マトリックスのモーフィアスはスペルが最後の一文字だけ z ではなく s の Morpheus らしいので私はモーフィアスと呼ぶことにしましたが、正しい読み方をご存じの方がいたら教えてください。どうでも良い話ですけどね(笑)。

IMG_6416 IMG_20151213_172242

さて、この睡眠管理アプリですが、使い方はいたって簡単。Pebble で Morpheuz を選択して先ずアラームをセットします。 Smart Alarm と呼んでいるようなのですが、予め起きたい時間帯、例えば朝6時半〜7時とかセットしておくと、睡眠時の深い眠りと浅い眠りを判断して、浅い眠りの時にアラームを鳴らしてくれるというスグレモノです。次にベッドタイム(Bed time)を押すだけ。

このベッドタイムを押すことで、睡眠管理がスタートしてログを取ってくれます。このログはスマートフォンアプリ側で詳細を確認したり、ログをメールで送ったりすることができます。睡眠状態を指し示すグラフで視覚的に確認することができるので、今日の自分の眠りがどんな状態であったかをひと目で見ることができます。特に良いのが Deep(深い)、Light(浅い)、Restless(休めていない) という三種で自分の睡眠状態を見られるので、「今日はぐっすり寝た」とか、「長い時間寝た割りにはちゃんと休めていないな」というのが一目瞭然です。睡眠管理の仕組みがどのセンサーを使って実現させているのか、私はまだきちんと把握できていないのですが、追々調査していきたいと思います。

Screenshot_20151213-165519 Screenshot_20151213-165555

さて、次にご紹介したいのがウォッチフェイス。これはスマートウォッチをご存じの方なら言うまでもありませんが、スマートウォッチの魅力の一つとして、ウォッチフェイス(時計盤)のデザインを自由に変えることができます。アナログ、デジタル、様々なデザインのウォッチフェイスをスマホアプリでダウンロードして、スマホからでも Pebble 側からでも切り替えることができます。自分の好みや気分に合わせて好きなときにデザインを変更できるのはやはりステキな機能です。

IMG_20151213_165005 IMG_6415

そして最後に気になるバッテリーライフの話をしておきます。従来の Pebbleと比べると格段に少ないと言われている通り、2日保ちません。これは使い方によって異なるのですが、公式発表の通り2日間まるまる保たせるにはアプリの起動を極力抑えたり、スマホからのノーティフィケーションを切ったりして時計だけの利用に近い状態で使うと2日は十分持ちそうな感じはします。

ちなみに、実際に自分でバッテリーの消費時間を測ってみたところ、残り20%のアラートが表示されてから10%のアラート表示までの時間は約4.5時間。アプリは特に起動していませんが、iPhoneからの通知とか普通にきている状態で10%の消費時間が4.5時間というのは概ね公式で発表されている100%で2日(48時間)という数値と大差ない感じです。

IMG_20151205_134129 IMG_6397

結果的に10時間40分で電池切れとなったのですが、電池が切れてもデジタルウォッチとしてしばらくは使えました。ただし、注目すべきは充電スピードで、30%の状態から15分で90%の状態まで回復。残りの5分で100%になりました。このチャージスピードはバッテリーライフの少なさを十分カバーできそうですね。

二度にわたって Pebble Time Round の魅力をお伝えしてきましたが、次はやっぱり Android Wear が欲しいところです。
Moto 360 もぜひ手に入れたいですね。

▽関連記事
Morpheuz Sleep Monitor

 

The following two tabs change content below.
Kentaro Yamada
取締役 営業本部 部長| こんな仕事をしてみたい、こんな経験をしてみたいと心の底から念じることで現実になることが多いです。好きな言葉は上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と武田信玄の「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」 お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

おすすめの記事

    【2019年10月更新】Facebook の QR コードを表示する方法
    【2019年10月更新】Facebook の QR コードを表示する方法
    続・FacebookでQRコードを表示する方法
    続・FacebookでQRコードを表示する方法
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    今話題の Android 乗っ取り危機から身を守る!?
    知ってました? Googleマップの新機能。
    知ってました? Googleマップの新機能。
    スケジュール調整アプリ「ScheduleGO」の使い方
    スケジュール調整アプリ「ScheduleGO」の使い方
    Googleカレンダーを活用しよう(カレンダーの共有)
    Googleカレンダーを活用しよう(カレンダーの共有)