産業分野別の応用事例

交通・道路管理業

道路管理システム

災害時に想定される道路状況

  • 山道の転石、落石状況(石のサイズ、通行状況、撤去状況)
  • 交通状況(渋滞状況)
  • 道路工事情報(通行止め情報)
  • カーブミラーやカードレールの情報
  • #道路管理業
  • #建設業
  • #土木業
お問い合わせはこちらから

問題解決

  • 落石、倒木、土砂崩れ、道路崩壊といった、道路に危険な状況がある場所にマーカーを配置することで、どの場所がどういった状況かを一目で確認できるようになります。
  • 土砂崩れや道路崩壊が起きている範囲が広域である場合は、マーカー追加するよりもポリゴンでエリアを指定して地図上に追加、表示してあげることで、どれくらいの範囲で被害が起きているのかひと目で確認することができます。
  • 詳細の属性情報には、通行状況や再発頻度、または危険度合いを乗せると分かりやすいです。属性項目は自由に管理画面から登録することが出来るので、実際に必要な項目を随時追加することが可能です。
  • 交通状況(道路の混雑状況)も簡単に表示させることができるので、迂回路の指定や、災害場所までの道のりをすばやく確認することもできます。

現場急行システム

災害時に想定される被災状況

  • 被災施設・エリアの情報
  • 災害による道路被害状況
  • 交通状況(渋滞状況)
  • 地震や津波、台風の規模
  • #道路管理業
  • #建設業
  • #土木業
お問い合わせはこちらから

問題解決

  • 地震データ(USGS)や津波、台風の規模など、また気象庁のデータを重ねる事で、被災規模の予測を立てることができます。
  • 落石、倒木、土砂崩れ、道路崩壊といった、道路に危険な状況がある場所にマーカーを配置することで、どの場所がどういった状況かを一目で確認できるようになります。
  • 被災地の範囲が広域である場合は、マーカー追加するよりもポリゴンでエリアを指定して地図上に追加、表示してあげることで、どれくらいの範囲で被害が起きているのかひと目で確認することができます。
  • 詳細の属性情報には、通行状況や再発頻度、または危険度合いを乗せると分かりやすいです。属性項目は自由に管理画面から登録することが出来るので、実際に必要な項目を随時追加することが可能です。
  • 交通状況(道路の混雑状況)も簡単に表示させることができるので、迂回路の指定や、被災場所までの道のりをすばやく確認することもできます。