産業分野別の応用事例

営業管理ツール

営業管理ツール

営業の訪問効率を上げて訪問件数を増やす

課題

  • 一日の訪問件数がばらばらで、訪問計画が立てづらい
  • 現在地からの訪問時間が見えづらい
  • 未訪問のエリアがわかりづらい
  • 訪問時の報告が不明確または遅い(管理者)
  • #どんな業種でも
  • #製造業
  • #卸売業
  • #金融業
  • #建設業
  • #不動産業
  • #小売業
  • #観光業
お問い合わせはこちらから

システムイメージ

今回は、自動車で移動する営業マンが決められたエリアを重点的に訪問営業するというパターンを想定しています。
営業マンは決められたエリアにある駐車場まで行って車を停め、歩いて訪問先を一軒一軒回るイメージです。
今回のシステムイメージでは、まず訪問エリアに近い駐車場を選択し、次に一日の訪問先を選択することで、事前に駐車場までのルートと駐車場から選択したすべての訪問先の最適ルートが表示されます。 また、予め訪問時の滞在時間を設定しておくと、すべての訪問先を回ったときの時間を表示することもできます。

問題解決

  • 事前に訪問時の最適なルートと一日の訪問時間がわかるので、一日の訪問先を効率よく計画できます。
  • 現在の訪問先から次の訪問先までの距離や時間が把握できるので、訪問時間をお客様に事前に通知することができます。
  • アイコンの色が変更できるので、訪問済みのエリア、未訪問のエリアが見えやすくなります。
  • スマートフォンやタブレットの専用アプリをつくることで、営業マンの位置もリアルタイムに把握することができます。
  • 訪問時にスマートフォンやタブレットで即時に状況を登録することで、すばやく正確な報告ができます。